ビタミンCで大人ニキビをケアする!

投稿日:

ビタミンCで大人ニキビをケアする

ビタミンCは、コラーゲンを生成するために必要な栄養素。

肌を正常に保ったり、皮脂分泌を抑える働きがあります。

しかし、ビタミンCは皮膚から吸収しにくく、化粧水の瓶の中で品質を保てませんが、ビタミンC誘導体は皮膚の上からビタミンCを作用させることができます。

ビタミンC誘導体とは?

「ビタミンC誘導体」とは、不安定なビタミンCを安定させて皮膚の細胞が吸収できるように加工したもの。皮膚細胞内に取り込まれてから、酵素反応でビタミンCに変化して細胞に直接働きかけるんです。

「ビタミンC誘導体」ニキビ対策だけではなく、肌を健康に保つので肌トラブルにも有効なんですよ。ビタミンC誘導体には、こんな効果があります。

 

 

皮脂の分泌抑制

 

角栓を開く

 

抗酸化作用

 

コラーゲンの生成促進

 

メラニンの還元作用

 

メラニンの生成抑制

 

色素沈着抑制

 

 

それぞれ、どのようにニキビの効果に作用するのでしょうか? チョットまとめてみました。

皮脂の分泌抑制

余分な皮脂が分泌されなくなり、毛穴のつまりを防いだり皮膚をキレイに保ちます。

角栓をひらく

ニキビの原因となる毛穴の老廃物を排出して、皮脂が正常に分泌します。

抗酸化作用

肌ダメージの原因となる活性酸素から守る働きが抗酸化作用です。活性酸素の原因は、タバコ・排気ガス・睡眠不足・ストレスなど。

活性酸素のせいで、肌の免疫力が落ちて大人ニキビや肌トラブルになるので、ニキビ治療には抗酸化作用も大切です。もちろん、アンチエイジングにもOK。

コラーゲン生成促進

皮膚の真皮(表面より少し奥)を健康に保ち、表皮(皮膚表面)へ栄養分を渡し、ターンオーバーを活発にする効果があります。

ターンオーバーが正常だと、角質が薄いニキビのできにくい肌になります。また、コラーゲンが肌を内側からふっくらさせて、凹んだニキビ跡にも効果があります。

メラニンの還元と生成抑制

つまり「美白作用」で、ニキビ跡の色素沈着に有効です。ニキビが治っても、肌に赤みが残ると治った気がしないので、ビタミンCのメラニン還元作用で、色素を排出しましょう。

ビタミンC誘導体の種類

リン酸アスコルビルナトリウム(水溶性)

ニキビの抑制と改善、皮脂の量を抑える効果があり、化粧品メーカーの「ビタミンC配合化粧水」などによく使われています。

リン酸アスコルビルマグネシウム(水溶性)

ドクターズコスメのVCローションに使用されることが多い成分です。

ナトリウムとマグネシウムに効果に大きな違いはありません。使用感が少し違っていて、マグネシウムの方が刺激が少なく、値段が少し高いです。

テトライソパルミチン酸アスコルビル(油溶性)

皮脂にブロックされる水溶性ビタミンC誘導体と違って、油溶性のテトライソパルミチン酸アスコルビルは肌への吸収がよく、もっとも効率のよい「ビタミンC誘導体」といわれています。

刺激がなく乾燥もしないので、乾燥からくるニキビや敏感肌の方にオススメ!クリームやオイルタイプのものが多いです。

アスコルビン酸メチルシラノール(油溶性)

肌の表面から48時間かけてじっくり真皮まで浸透するビタミンC誘導体。シーズーが特許をもっているので、他社製品に含まれていません。

大人ニキビ治療にオススメは?

大人ニキビ対策なら、「ドクターズコスメ」のビタミンC誘導体も効果的。

できれば、油溶性ビタミンC誘導体を選んでください。

水溶性のビタミンC誘導体よりも値段が高めですが、肌のバリア機能をすりぬけて真皮まで浸透するので、効果が高いんです。

リーズナブルで使用感もよいものもありますので、スキンケアに時間がかけられない人や乾燥肌・敏感肌の人は、油溶性ビタミンCがオススメです。

一方、水溶性ビタミンCは、肌のバリア機能に守られて、油溶性ビタミンCのように深く浸透することはできませんので、イオン導入で浸透率を30倍~100倍にしましょう。

油溶性のビタミンC誘導体はイオン導入できません。自宅でできる、安いイオン導入器もあるので、水溶性ビタミンC誘導体とイオン導入器の併用もオススメです。

油溶性ビタミンCのように、肌の奥までビタミンCが浸透するにきびケア用品といえば、ビーグレンが有名です。

国際特許の浸透力はこれまでの3倍以上なので、お肌の奥までビタミンCが行きわたります。ニキビだけじゃなく美肌にも効果があって、とってもモチモチした肌になるんですよ。1晩使っただけで、翌朝にはモチモチ感が感じられるんです。

 

POINT

背中ニキビにはルフィーナがおすすめです。

このサイトの、ルフィーナの口コミや効果を大検証!背中のニキビケアは潤いから!を参考にして下さいね!

 

レーザーフェイシャルで大人ニキビをケア

レーザーフェイシャルとは、弱い出力で皮膚の浅い部分に働きかけるレーザー治療。皮膚表面を焼いて、古い角質を落としてニキビをケアします。

ピーリングのように、広範囲を対象としないでニキビ部分だけをピンポイントで狙えるので、ニキビの無い健全な肌にダメージを与える心配がありません。ただ、医療としては新しい部類なので、金額が高いのが玉にキズ。

レーザーの種類

ダイオード(半導体)レーザー、アレクサンドライトレーザーなど複数の種類があり、目的やドクターの方針によって使うものが変わります。

施行時間

レーザーの種類によりますが、約10分程度です。治療後のアフターケアがあると、約30分ぐらいです。

痛み

一般的に痛みは「チクッ」という程度とされていますが、ニキビがひどく炎症しているところに強いレーザーが当たると「ブスッ」という痛みがあります。

必要回数

一度治療したら、3~4週間のインターバルを開けて、計3~5回ほど行います。

費用

顔全体で20000~30000円が相場。残念ながら、健康保険は適用されませんので全額自己負担です。病院によっては、お手軽な部分レーザー料金を設定しているところもありますよ。

レーザーフェイシャルの大人のニキビに対する効果

ニキビに小さな穴をあけて皮脂を排出

レーザーフェイシャルのレーザーは、炎症ニキビの赤味に反応して目にみえないくらいの穴をあけます。そして、一瞬の高温でかたまった皮脂を溶かすため、表皮を傷めることなく皮脂を排出します。

炎症ニキビの赤味がくすむ

レーザーが炎症ニキビの赤味にも反応して、赤味の色素を一瞬で破壊して赤色をくすませます。くすんだ肌の赤色は、ターンオーバーによって徐々に排出されます。

治療の幅が広い

抗生物質がきかないしピーリングは敏感肌でムリなど、おもうように治療がすすまない人でも、炎症ニキビに対して効果があるとされています。

レーザーを超えた治療法

レーザーよりも優れた治療法として、光治療があります。これは、皮膚の表面を通り越して、皮膚の内部だけを治療します。

皮膚の表面にダメージが無いので、皮膚のバリア機能を維持したままで皮膚奥のニキビを退治することができますが、最先端医療なのでお金がかかります。

ピーリング石鹸で大人ニキビをケア

ピーリングとは、「」を使って肌の新陳代謝を促して古い角質を取り除くこと。大人のニキビの原因である「いらない角質」をとるために、ピーリングはかなり確実性が高い方法です。

ピーリングは、美容外科や皮膚科で行う「ケミカルピーリング」が有名ですが、ニキビがそれほど重症でないなら、自宅でできるピーリング石鹸を使ってみることをオススメします。

ピーリング石鹸は、ケミカルピーリングよりも時間・費用・肌への負担のどれをとっても低く、トラブルも少ないメリットがあるんです。ケミカルピーリングよりも即効性はなく、毎日の洗顔で余分な角質を少しずつとっていくのがピーリング石鹸です。毎日続けられるのもいいですね。

病院で定期的にピーリング治療をしながら、『ピーリング石鹸』を使って自宅で角質のケアをすれば、病院でのピーリングの効率もよくなるそうです。ニキビの症状が重くても軽くても、大人のニキビをなおしたい人は、ピーリング石鹸を試してみる価値はあると思いますよ。

ピーリング石鹸の特徴

最近は、手軽にピーリング治療ができるということで「ピーリング石鹸」が人気なんです。ピーリング石鹸の特徴は、古い角質を落として、ニキビやニキビ跡を目立たなくできること。ケミカルピーリングよりも安く手軽にできるのもいいですね。

ピーリング石鹸は、酸を使って角質を落としていくので、ピリピリとした感覚があります。初めて使うときは、酸の濃度が低いものから試していきましょう。

ピーリング石鹸の使い方

 

1 顔をぬるま湯で濡らします。

2 ピーリング石鹸を、泡立てネットでしっかりと泡立てます。

3 角質やニキビが気になるところから、くるくるとマッサージするように洗います。

普段の洗顔と一緒で、力を入れずに泡の感触だけで洗ってください。目元やくちびるは、皮膚が薄いので時間をかけすぎないようにします。

4 ぬめりがなくなるまで、良く洗い流してください。

 

ニキビが気になるところは、泡をつけたまま3分ぐらい置いておくと、ケミカルピーリングのように高い効果が得られますよ。石鹸をつけっぱなしにしておく時間が長いと、ぴりぴりしてきますので注意してくださいね。

ピーリング石鹸を使った後は、肌が敏感になっていますし乾燥しやすいので保湿をしましょう。

体のニキビにも使える

背中にニキビができたときも、ピーリング石鹸を使うことができますよ。手に泡をつけて、やさしくなでるように泡をつけていきます。手が届かないところはタオルを使ってもOKですが、決して強くこすらないでくださいね。あとは、ぬめりが無くなるまで洗い流せば終わりです。

そういえば、にきびケアで有名なビーグレンやプロアクティブも、顔だけじゃなく体にも使えるんですよ。ビーグレンは、ニキビだけじゃなくて、くすみや黒ずみが薄くなるんです。これはビックリ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピーリングで大人ニキビをケア

ピーリングとは、「酸」を使って肌の新陳代謝を促して古い角質を取り除く方法です。ニキビ治療では有名な方法で、難治性のニキビやアイスピックスカーと言われる「深いニキビ跡」に対する治療に使われたりします。

ピーリングは、しつこい大人ニキビを治す方法として知られていて、ピーリングで10代の頃に出来たニキビ跡を治す人もいますよ。

ピーリングは、顔全体を一気に治療でき、重症のニキビや深いニキビ跡の治療にも用いられているので、「治らないんじゃないかなぁ」と思うニキビやニキビ跡にも有効なんです。費用はかかりますが、キレイに治せると一定の評価を得ています。

ただし、ピーリング治療は使う酸の種類によって化粧ができないのが難点。でも、ニキビの上に化粧をして、ますますニキビがひどくなるよりはいいですよね。

-ニキビに関する記事

Copyright© ルフィーナの口コミや効果を大検証!背中のニキビケアは潤いから! , 2019 All Rights Reserved.